鈴木あやのは東大卒!イルカと泳ぐ理由は?未来シアター内容まとめ

1001_s-ayano

2月7日に放送される未来シアターに、ドルフィンスイマーの「鈴木あやの」さんが

批判や失敗を恐れずに世の中を変えようとする「革新者」として出演します。

そこで、鈴木あやのさんの経歴や、鈴木さんがイルカと泳ぐようになった理由、

番組で放送される内容についてまとめてみました。

スポンサーリンク
sin35_336x280

「鈴木あやの」プロフィール

生年月日:1979年2月19日(34歳)
血液型:B
出身:東京都
職業:写真家・水中モデル・ドルフィンスイマー

鈴木さんは、イルカと海の美しさを伝える為、夫の福田克之さんと共に

イルカの写真や映像を制作しており、野生のイルカの生態や行動についても

独自に研究を行っているそうです。

また、「日経ビジネス」では、これからの日本を変えそうな可能性を

秘めた人物として、2014年の主役100人に選出されています。

出身大学は東大で、大学院で修士を取得!しかし・・・

1001_akamon

鈴木さんは、2001年に東京大学農学部を卒業した後、大学院へ進んでいます。

小さい頃から生物に興味があったそうで、そちらの研究を行っていたようですね。

そこでの研究は楽しかったそうですが、そのまま続けていく自信は無かったようで、

2年後の2003年に東京大学大学院農学生命科学研究科の修士課程を修了し、

大手の化学薬品会社に就職しています。

ただ、最初に就職した会社では仕事にやりがいを感じられず、成果が見える仕事を

したいということで転職し、並行して友人が設立した企業でも働いていたとのこと。

しかし、そこでも自分に自信が持てず、「自分は、本当は何がやりたいのだろうか?」と

考えこんでしまい、仕事を休職してしまっています。

子供の頃に興味があった「生物」とは関係のない仕事に就いたことが、

鈴木さんを苦しめていたのかもしれません。

鈴木さんがイルカと泳ぐ理由は?

1001_dolphin

そんな時、鈴木さんは休職中に訪れた小笠原諸島で、野生のイルカと出逢い、

雄大な自然と愛らしいイルカの姿に「心が解放された」と感じたそうです。

それからは、休職していた仕事を辞め、少しでもイルカに近づきたい一心で、

素潜りの練習に打ち込み、イルカの写真や映像を撮り、個展も開いています。

こちらは、鈴木さんがご自身でアップしている、イルカの動画です。

イルカに寄り添うようにして泳ぐ鈴木さんの姿が、とても美しいです!

「人魚のよう」と評されることもありますが、その表現にも納得してしまいますね。

鈴木さんは、ご自身のホームページで

「野生のイルカと目を合わせ 心通わせ共に泳ぐ それは至福の時」

と書かれています。

鈴木さんがイルカと泳ぐ理由は、自分を苦悩から救ってくれた野生のイルカと

出逢った時の感動を、多くの人に伝えたかったからなのでしょう。

未来シアターの内容は?

この記事の冒頭でも書きましたが、鈴木さんは「批判や失敗を恐れずに

世の中を変えようとする革新者」として、番組に出演します。

イルカの素晴らしさを伝えることで、鈴木さんは世の中にどのような変化を

与えたいと考えているのでしょうか。

その点については、番組終了後、追記したいと思います!

番組内容の追記

鈴木さんの家はエリート一家で、一流大学を出るのが当然という家庭。

そうなると、一流大学→大手企業というレールを歩むことを当然期待されます。

鈴木さんは、そのレール通りに進んでいきますが、何か違和感を感じていました。

周りの目を気にして、その期待に応える生活しながら、自分を押し殺していたんですね。

そして「自分は何者なのか?」と考えこみ、何も手につかなくなってしまいます。

そんな中、昔から好きだった大自然と、近寄ってきた野生のイルカに心を解放されます。

イルカは気泡を嫌う為、イルカに近づきたい一心で素潜りを0から特訓。

独自の練習法でしなやかな泳ぎを身につけ、野生のイルカが待つ海へ。

それが鈴木さん30歳の時でした。

大自然の中でイルカと共に泳ぐ。そんな中、鈴木さんはあることに気付かされます。

「こうしなきゃいけないという考えではなくて、自然に生きればいいんだな」

その後、鈴木さんは、何度も何度も海に潜ることで

「イルカは興味を持つと首を振る」

「目を合わせてゆっくり泳ぐと、イルカも動きを合わせてくれる」

など、イルカの間近で泳ぐからこそわかるような発見をしていきます。

そして、その様子を撮影し、写真展を開くことで「人とイルカが同調する

自然の美しさ」を教えていきました。

ですが、鈴木さんからは、もう1つ教えられることがあると思います。

30歳から人生を再出発しても、こんなに美しい写真を撮ることが

できるようになるんだということ。

「思いのままに生きれば、道は開ける」ということを。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>