岩井希久子のプロフィールは?志麻子と姉妹?未来シアターの内容も

絵画修復家の岩井希久子さんが、2月7日放送の「未来シアター」に出演されます。

1019_himawari

岩井さんはこれまでに、ゴッホの「ひまわり」の他、モネの「睡蓮」など、

数々の有名画家の作品修復を手掛けてこられた方です。

今回の記事では、岩井さんのプロフィールや番組の内容についてまとめています。

また、小説家の岩井志麻子さんとの関係についても調べてみました。

スポンサーリンク
sin35_336x280

「岩井希久子」プロフィール

生年:1955年
出身:熊本県熊本市
高校:熊本県立第一高等学校
肩書:有限会社IWAI ART保存修復研究所 代表取締役

子供の頃、父親が熊本県立美術館に勤務しており、その関係で今の職業である

「絵画修復家」を知ったそうです。

また、大学は東京芸術大学を受験されていますが、残念ながら失敗してしまい、

短期大学に入学し、某出版会社に就職。

ただ、絵画関係の仕事を諦めきれず、「絵画保存研究所」に勤務するようになり、

1980年には、夫で画家の岩井壽照さんと共にイギリスに渡り、大英博物館などで

絵画の修復技術を学んでいたとのことです。

そして、帰国後はフリーランスの絵画修復家として活動を開始し、現在代表取締役を

務められている会社の前身である「有限会社岩井絵画修復」を設立されています。

出身高校「熊本県立第一高等学校」について

1019_kumamoto

「熊本県立第一高等学校」は、名古屋城、姫路城と並んで日本三名城の1つとして

数えられる熊本城の石垣の上に立つ伝統校として有名ですが、2012年3月まで

共学にも関わらず34年間男子生徒がいなかったとしても有名のようですね(笑)

これは、元々前身が「熊本県立高等女学校」であり、女子校としての印象が

強かったからだと言われています。

ちなみに、学校や同窓会の熱心なPR活動が功を奏した形で、2012年度は

定員360人に対し、70名の男子生徒が入学したとのこと。

また、2013年度は102名の男子生徒が入学しています。

岩井志麻子との関係は?

調べていく中で、肉食系の小説家として話題の岩井志麻子さんと姉妹なのでは?

ということがウワサされていました。

これは、岩井志麻子さんと少し顔が似ている為、ささやかれ始めたようです。

1019_kikuko-shimako

左が「希久子」さん、右が「志麻子」さんです。

お二人の写真を並べてみましたが、自分としてはそんなに似ていない気がしますね。

実際どうなのかという話ですが、岩井希久子さんの出身は熊本で旧姓が「高浜」

岩井志麻子さんは、出身が岡山で本名の姓が「竹内」とのことで、実際のところも

姉妹ではないということが言えると思います。

未来シアターの内容について

岩井さんは、「批判や失敗を恐れずに世の中を変えようとする革新者」として、

未来シアターに出演されます。

これまで数々の名画の修復を手掛けてきた岩井さんは、絵画修復家としての活動を

通して、世の中にどのような変化をもたらしたいと考えているのでしょうか。

番組終了後に追記したいと思いますので、お楽しみに!

番組内容の追記

岩井さんには、2人の娘さんがいます。

娘さんが小さい頃は「母としての子育て」と「絵画修復師」の2足のわらじ。

ですが、仕事で時には1ヶ月の半分近くを留守にすることもあったとのことで、

そんな状態ではとても両立などできず、岩井さんは行き詰まってしまいます。

「仕事は自分にしかできないし、責任もすごい大きい」

岩井さんは、仕事を選ぶ決断をしました。

ですが、家庭を放り出したわけではなく、時間がある時は

できるだけ娘さん達と過ごしたそうです。

愛用の仕事道具には娘さんの写真を貼り、仕事に打ち込む日々。

そして20年後、2人の娘さんは、岩井さんの傍らで仕事を

手伝うようになっていました。

娘さん達にも、岩井さんが「仕事と家庭」両方を投げ出すことなく

頑張る姿は、しっかりと焼き付いていたんですね。

「もう自分だけで全部背負わなくていいな・・・」

そう話した岩井さんが、とても印象的でした。

岩井さんが絵画修復師の活動を通して世の中にどのような変化をもたらしたいか、

ということについては、番組内で語られてはいませんでした。

しかし、番組ホームページに岩井さんのメッセージが書かれていましたので、

まとめておこうと思います。

岩井さんは、芸術作品について、以下のように述べています。

「芸術作品には人の心に触れるヒューマニティや、人類共通の思いが潜んでおり、

作家は魂を込めて、作品を通じてそのことを伝えようとしています」

「だから、芸術作品は人間にとって必要なんです」

岩井さんは、絵画修復師という活動を通して芸術作品を後世に残すことで、

「作家が魂を込めて伝えようとした、人類にとって大切なこと」を後世に

伝えようとしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>