関口愛美がナイセンCM登場!腹筋がすごい?現在はマホトと共演も

1044_aimi

タレントの関口愛美(あいみ)さんが、naisen(ナイセン)のCMに出演します。

1044_iidesu

「タレントの」と言うよりは、女性専用車両について「私は特にどこでもいいです」

コメントした人、と言ったほうがわかりやすいでしょうか(笑)

今回出演したCMは、そのコメントを生かしたものになっています!

その他、腹筋がすごい?話や、YouTuberとして人気のマホトさんとの

共演情報などをまとめてみました。

プロフィール

生年月日:1987年3月4日(26歳)
出身:神奈川県相模原市
身長:167cm
血液型:A型
学歴:東京都立第二商業高等学校卒
職業:タレント、女優、歌手、ライブフローリスト(あとで説明あります)

伝説の「私は特にどこでもいいです」画像

あまりに有名過ぎて見飽きたという方も多いかと思いますが、関口さんを

紹介する上でこの画像は欠かせませんので、貼っておきます。

1044_legend

このインタビューは、2005年頃に京王線八王子駅で受けたとのことです。

2005年ということは、関口さんは18歳ぐらいで、おそらく高校生でしょうか?

出身高校の東京都立第二商業高等学校(現在は統合されて別名)は八王子にある

学校なので、通学途中でインタビューを受けたんでしょうね。

ちなみに、関口さんはこの時「すっぴん」だったそうです。

ナイセンCMでも「特にどこでもいいです!」

こちらが、今回出演するnaisen(ナイセン)のCMです。

関口さんが、例のインタビューを受けた場所をバックにして、

「インターネット環境があれば、いつでも快適通話が実現!」と

ナイセンのアピールをしています。

ナイセンの仕組みを説明すると、例えばAさんが外出している時に

会社の固定電話にAさん宛に電話が掛かってきた場合、Aさんのスマホに

掛かってきた電話をカンタンに取り次ぐことができるそうです。

今までの場合を考えてみると、

掛かってきた相手から電話電話番号を聞いてから電話を切る

→聞いた電話番号をAさんに伝えて、Aさんから電話を掛けてもらう

という感じになると思いますが、それをしなくて良くなるので、

固定電話を使っている会社なら結構便利そうですね!

「ライブフローリスト」って何?

プロフィールのところに書いてあった「ライブフローリスト」

初めて聞く言葉なので調べてみると、関口さんが世界初だそうです(笑)

自分で作った造語なんでしょうか?

ちなみにフローリストという単語は存在して「花屋」という意味でした。

関口さんによれば、「踊りながら花を活けたり、ブーケを作ったりして、

お花の魅力を伝える」のが、ライブフローリストとのことです。

実際に花を活けている動画もアップされていました。

これ、初めて見た時はビックリしますね。

白い雪をバックに真っ赤な衣装という時点でかなり強烈ですし、やってることも

見たことないので、見てて飽きないです。

腹筋がスゴイ?

関口さんがダンスボーカルユニット「PLIME」の「AIMI」として活動していた時、

動画ブログで「どれだけ腹筋をやったら6つに割れるか」ということをやっています。

いろいろおもしろいことやってますね〜。

YouTubeで「愛美筋」と検索すれば出てきますが、動画の内容としては

関口さんが腹筋をやって、最後に現在の腹筋の状態を見せるだけです(笑)

ただ、しゃべりながら腹筋したりしてますし、回数も結構やってますので、

やってる本人はかなりハードだと思いますね。

ちなみに第111回までありましたが、結局6つには割れませんでした(笑)

この動画の時以外にも、毎日200回(!)ぐらい腹筋をやっていると言ってますので、

その「ガッツ」と「根気」に拍手を送りたいです!

YouTuber「マホト」と共演!

現在は、歌手をメインに活動している関口さん。

最近CMデビューを果たした「hikakin」と共にYouTuberとして知られている

「マホト」さんと共演して、『FLOWER』という曲でソロCDデビューしました。

こちらが『FLOWER』の動画で、前半が関口さん、後半がマホトさんのラップに

なっています。

このCDデビューでは、「CAMPFIRE」というクラウドファンディングで

120万円の資金を集めたとのことです。

まとめ

例のインタビューが「やらせ」という話がありますが、本人は「やらせだったら

化粧してる!」と言ってますし(確かに!)、多分その通り偶然なんでしょう。

ただ、その知名度と、YouTubeやクラウドファンディングなどのネットサービスを

上手く連携させて、自分のやりたいことを進めている感じですね。

また、やりたいことが幅広い、というか広すぎてどうなんだろうと思っていたら、

関口さんは昔から「人に喜んでもらうことに生きがいを感じる」そうで、

それでいろいろなことに手を出しがちなんだとか。

でも、そういう理由なら、どんどん広げればいいんじゃないでしょうか。

最後は何か上から目線でコメントしてしまいましたが、見習いたいと思いますし、

これからも頑張って欲しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>