生瀬勝久と嫁の堀本陽子の子供は?信長協奏曲の役がMOZUより好き!

4127_Namase

2014年の春ドラマで『花咲舞が黙ってない』と『MOZU』という

2つのドラマに出演された生瀬勝久(なませかつひさ)さん。

また、2014年の夏も『東京スカーレット』『ゼロの真実』と連ドラ

2作に出演されており、2014年はドラマ出演で大忙しといった感じ

ではないでしょうか。

ただ、生瀬さんというと、自分の中ではどうしても「エンターテイナー」

という印象がありまして、ドラマで真面目な役をやっていても、何となく

笑えてしまうところがあってですね・・・失礼な話かと思いますが(笑)

なので、MOZUをはじめさっき4つのドラマを書きましたが、秋ドラマの

『信長協奏曲』での今川義元役が、個人的には1番好きです。

では、ドラマの話と共に、生瀬さんの奥さんである堀本陽子さんについて、

そして堀本さんとのお子さんについてもまとめてみました。

スポンサーリンク
sin35_336x280

プロフィール

生年月日:1960年10月13日
出身:兵庫県西宮市
身長:178cm
血液型:O
高校:兵庫県立宝塚高等学校
大学:同志社大学文学部卒
所属:リコモーション

生瀬さん所属の『リコモーション』は、藤木直人さんや「いきものがかり」も

所属する『CUBE』という芸能事務所と提携しているという事務所。

そしてこの『CUBE』は「サラリーマンNEO」の制作協力もしていたとのこと。

生瀬さんといえば「サラリーマンNEO」

自分の中では、どうしてもそれが1番初めに出てきてしまいます。

中でも自分が1番印象に残っているのは、中田有紀さんとのコーナー。

1769_nakada

コーナーの名前すら覚えていないんですが、生瀬さんのボケに対して中田さんが

ヤバいぐらい冷たくあしらう、といったような感じだった気がします。

その中で「卵がけご飯のおいしい食べ方」というテーマをなぜかよく覚えてて、

ちょっと冷えたご飯の方がおいしいとか、そんな話だったような。

それを生瀬さんが、ものすごくウマそうに食べてたんですよね(笑)

また、生瀬さんは兵庫県西宮市出身ですが、堤真一さんも西宮市出身。

そしてこの方も、自分の中では「エンターテイナー」の印象が強いです。

3748_tsutsumi-b

堤真一の嫁と結婚について!身長や学歴は?GoodLuckでの変顔が最高

変顔のほかにオススメの「おもしろCM」もありますので、良かったらどうぞ。

生瀬さんの奥さんと子供について!

4127_horimoto

生瀬さんの奥さんは「堀本陽子」さんで、5月12日の『いっぷく!』に

「いっぷくシンデレラ」のゲストとして出演されていました。

堀本さんの年齢は、生瀬さんの12歳下です。

堀本さんは現在、雑誌「美ST」のレギュラーモデルとして活動されており、

「ヨガセラピスト」としても活躍されているとのこと。

また、モデルとして堀本さんがデビューしたのは「16歳」の時だそうです。

そのきっかけは、ご友人が雑誌に応募したことだったとか。

そして、その頃すでに生瀬さんと出会っていたとのことでした。

その後、堀本さんが20歳過ぎの頃にちゃんとお付き合いを始められたそうで、

堀本さんが24歳の時、お二人は結婚されました。

結婚生活は、2014年で「17年目」とのことです。

生瀬さんと堀本さんのお子さんについては、調べてみると次のような情報が。

息子さんがいますよ。

あまり公表していませんが、以前テレビでおっしゃってました。

引用URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053607990

また、生瀬さんは2013年に『ベストファーザー』賞を受賞されています。

参考ニュースはこちら

そして、堀本さんが『いっぷく!』に出演された時に「子育てが一段落」という

話も出ていましたので、お子さんがいることは間違いないかと。

ここで、堀本さんが出演されているCMがありましたので、紹介しておきます。

歯みがき粉の「アクアフレッシュ」のCM。

先程の画像でも思いましたが、堀本さんは美人ですね。

あと、CMで男の子と共演してますが、さすがに実のお子さんではないでしょう。

花咲舞とMOZUの役柄が似てる?

冒頭にも書きましたが、2014年春は『花咲舞が黙ってない』と『MOZU』の

2つのドラマに出演されました。

そして、2つのドラマでの生瀬さんの画像がこちら。

4127_shindo-muroi

左:花咲舞が黙ってない/右:MOZU

パッと見た感じ、違いはメガネぐらいでしょうか(笑)

まあ、同時期のドラマですから、当然といえば当然なのかもしれません。

それに、どちらもスーツを着るような役柄ですからね。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の役柄の名前は「真藤毅」

主人公の花咲舞を目障りとしている常務役で、要するに「悪役」です。

その悪役常務の部下「児玉直樹」を演じる甲本雅裕さんの記事はこちら。

4085_hiroto-masahiro-nanbara

甲本雅裕の結婚話は?兄のヒロトより南原似の噂も!上川隆也と同期?

画像中央が甲本雅裕さんです。

生瀬さんに話を戻しますと、ドラマ『MOZU』の役柄の名前は「室井玄」

主人公の1人である倉木警部の上司役でしたが・・・

ネタバレになるので書きませんけど、最終的に倉木警部と室井は敵対。

Season1最終話で壮絶なバトルを演じましたが、櫻井有吉アブナイ夜会で

その時の裏話を話す生瀬さん。

アムロ「二度もぶった・・・親父にもぶたれたことないのに!」

※これが裏話のヒントです

ちなみに『MOZU』の悪役で話題沸騰(笑)中神甚という役を演じていた

吉田鋼太郎さんの記事はこちら。

1874_nakagami

吉田鋼太郎の結婚歴は?花子とアンやMOZUに出演!安蘭けいと熱愛?

東京スカーレットとゼロの真実について

生瀬さんは、2014年春に続き、夏についても連ドラ2本に出演。

『東京スカーレット』

7月15日スタート、火曜10時から放送の『東京スカーレット』の役は、

主演の水川あさみさん演じる「鳴滝杏」とコンビを組む「阿藤宗介」という

刑事を務めました。

こちらが番組の予告動画で、生瀬さんも当然ながら登場。

見ればわかりますが、どこか「陰」のある人物。

あと、珍しく(?)メガネを掛けてないですね。

『ゼロの真実』

また、7月17日スタートの木曜9時放送の『ゼロの真実』では、武井咲さんが

演じる主人公「松本真央」の上司に当たる「泉澤郁夫」役を担当。

4127_izumisawa

東京スカーレットの役とは違い、こちらはお馴染みの「メガネ」役でした。

ところで『ゼロの真実』で共演された佐々木蔵之介さんの記事はこちら。

5062_sasaki

佐々木蔵之介が結婚をためらう理由は?ゼロの真実の関西弁は素?

佐々木さんが演じる屋敷一郎は、ドラマで大阪弁を話しますが、主にその点に

スポットを当てた記事になっています。

やっぱり信長協奏曲!

ここまで、4つのドラマに出演された生瀬さんについて書いてきましたが・・・

『ゼロの真実』の泉澤役は置いといて、他3つについては結構マジメな役。

でもやっぱり、こういう役を演じられている生瀬さんが好きです。

4127_imagawa

2014年秋ドラマ『信長協奏曲』での今川義元役。

尾張に攻め込んだ後、のんびりと蹴鞠を見ながら楽しんでいるところに

家臣が生真面目に報告をしているのを「いちいちわめくな!」と一喝し、

『織田などそもそも眼中にすらないわ!!!』

と言っている義元さん。

桶狭間では、そばに仕えている女性に素手で甘いモノを食べさせてもらい、

『んん!甘いのぉ〜〜!おぬしの手が甘いのかのぉ〜?ンッフフフフフw』

と余裕こいて、信長が仕掛けたワナの「村人の余興」を楽しんでる最中に

一気に突っ込まれてアウト〜!という構図でした。

やっぱり、生瀬さんはこうじゃないと!

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>