宇梶剛士が清水宗治役で軍師官兵衛出演!役柄の見所は?腹筋CMも話題

4618_ukaji

俳優の宇梶剛士(うかじ たかし)さんが、2014年の大河ドラマ

『軍師官兵衛』に出演される予定です。

第24話の最後の予告で、毛利家の家紋をバックに登場した武将。

おそらく「清水宗治」を演じる宇梶さんではないかと思われますが、

間違っていたら申し訳ありません。

また、宇梶さんといえば、最近ですと「腹筋」のCMが話題ですね!

「倒れるとすぐに腹筋」という、印象的なアレです(笑)

そのCMはもちろんですが、軍師官兵衛で演じる清水宗治役の見所も

見ていきたいと思います。

※清水宗治については、ネタバレを含みますのでご注意下さい。

プロフィール

生年月日:1962年8月15日
出身:東京都新宿区
血液型:B
身長:190cm

宇梶さんは、これまでに数多くのドラマや映画などに出演されており、大河ドラマも

『軍師官兵衛』で4回目となります。

ちなみに、これまでの3回の出演歴は以下の通り。

・2001年:北条時宗 ・・・ 九条頼経(鎌倉幕府の第4代将軍)

・2004年:新選組! ・・・ 西郷隆盛

・2012年:平清盛 ・・・ 源頼政(平氏側だったが、以仁王の挙兵で清盛と戦い敗れた)

この中では、やはり西郷隆盛が宇梶さんと1番合っていたのではないでしょうか。

4618_saigo

何があっても動じなさそうな、どっしりと落ち着いた感じ」というんでしょうか、

何となく雰囲気が似ているような気がします。

また、調べてみた感じでも「いい味を出していた」という意見がありましたね。

『ワンダーコア』の腹筋CMが話題!

清水宗治の話に行く前に、今話題のワンダーコアのCMを紹介しておきます。

宇梶さんが倒れるバリエーションも、倒れる回数も適度でいいですね。

「ラリアットかわしたけど鉄球が飛んでくる」という変化球もあったり。

個人的には、腹筋後の宇梶さんの「カメラ目線マジ顔」が好きです(笑)

あと、途中で出てくる、背が高そうでキレイな女性は誰なんでしょうか?

調べてみたんですが、ニュースでは「共演女性」としか書いてなかったですね。

また、CMの影響からか、購入した製品の画像もあちこちでアップされています。

ちなみにお値段はというと、正規販売店の「ショップジャパン」のサイトでは

2014年6月19日現在、以下の通りです。

・ワンダーコア単体:13,800円

・ワンダーコア マットセット:16,800円

・ワンダーコア パーフェクトセット:21,800円

パーフェクトセットには、延長保証やサウナスーツなどが付いているとのこと。

「1セットが30秒」というのが、なかなかお手軽で良いですね。

ただ「大人気商品の為、お届けに時間がかかる」という注意書きもありました。

やはり、あのCMもかなり売れ行きに影響があったのかもしれません。

清水宗治役の見所は?

4618_shimizu

こちらが、第24話での次回予告で登場した武将。

毛利家の「一文字に三つ星」の家紋をバックにしていて、すでに登場済である

吉川元春や小早川隆景、毛利輝元、安国寺恵瓊、浦宗勝でもないということで、

多分「清水宗治」ではないかと思います。

清水宗治についてですが、元々は毛利家ではなく「三村家」の家臣だったそうです。

三村家は、備中(岡山県西部)のほぼ全域と、備前(岡山県東南部など)の一部を

勢力下においていた大名で、備前を治めていた宇喜多直家と勢力争いをしていました。

宇喜多直家といえば、軍師官兵衛で「陣内孝則」さんが演じていますね。

486_14_ukita

第14話では、上の画像のように、なかなかいい場面を見せて頂きました(笑)

この時に直家が官兵衛に対して言ったセリフなど、詳細はこちらをどうぞ。

【NHK大河ドラマ】軍師官兵衛キャスト年齢差ランキング

その三村家から毛利家についた理由は諸説あるようですが、毛利についてからは

小早川隆景の配下として活躍し、深く信頼されるまでに至ったそうですね。

そして、ようやく清水宗治の見所ですが、1582年5月に宗治が守っていた

「備中高松城」が秀吉軍の攻撃を受け、官兵衛の策によって「水攻め」にされ、

もはや落城という危機を迎えます。

ここで、秀吉はさらに信長を連れてきて、トドメをさしてもらおうとしますが、

信長は高松城に向かう前に、本能寺で明智光秀に倒されてしまいました。

これで宗治もピンチを脱するかと思われますが、光秀が信長を倒したことを

毛利に伝えるために出した使者が、秀吉軍に捕まってしまうわけですね。

秀吉は信長のことを毛利に知られないように隠して、宗治の命と引き換えに

高松城の兵士を救うという条件で、和睦を申し出ます。

そして宗治は、信長が倒されたことを知らないまま、最期を迎えました。

その「見事な最期」は『武士の鑑』として、後世に伝わっていったそうです。

宗治の最期は、本編ではどのように描かれるのでしょうか。

第何話になるかわかりませんが、宇梶さんの演技に注目したいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>