長谷川京子のいっぷくでの幼稚園話は?ペテロの葬列の妖しい演技も

5100_hasegawa

7月7日からスタートしているドラマ『ペテロの葬列』

長谷川京子さんは「間野京子」という、元エステティシャンの役を

演じられています。よく見ると名前が「京子」で同じですね。

この記事を書いている段階で、第2話が終わっているところなんですが、

第2話のエンディングでの「間野京子」の表情が気になってしまって。

その場面に、好きなドラマの主題歌「心情呼吸」が流れていることも

ありますが、何度も何度も見直してしまいました(笑)

そのシーンについては、後から画像も載せながら紹介します。

あと、ペテロの葬列の番宣も兼ねて、長谷川さんは7月14日放送の

『いっぷく!』にも出演されており、そこでお子さんの幼稚園の話も

されていましたので、そちらの内容もまとめてみました。

※ペテロの葬列については、第2話までの内容が書かれていますので、

その点はご注意下さい。

スポンサーリンク
sin35_336x280

プロフィール

生年月日:1978年7月22日
本名:新藤京子(旧姓:長谷川)
出身:千葉県船橋市
身長:166cm
血液型:B
中学:柏市立酒井根中学校
高校:千葉県立松戸国際高等学校
大学:川村短期大学生活学科
所属:レプロエンタテインメント

出身大学の「川村短期大学」は、名前から場所が特定しにくいですが、

調べてみると千葉県の我孫子市にキャンパスがあるそうです。

また、所属のレプロエンタテインメントですが、『ペテロの葬列』では

・バス運転手「柴野和子」を演じる青山倫子さん

・パティシエを目指している「前野メイ」を演じる清水富美加さん

・ドラマの主題歌「心情呼吸」を歌う近藤晃央さん

上の3名の方も、同じ事務所の所属ですね。

青山倫子さんについては、以前このブログでも紹介しました。

3932_aoyama

青山倫子の結婚の噂は?おりん役が美人と話題!モデル界のCM女王

記事にはペテロの葬列の予告動画もありますので、よかったらどうぞ。

そういえば、青山さんも長谷川さんと同じく千葉県出身で、先程書いた

長谷川さんの母校「川村短期大学」がある我孫子市出身だそうです。

『いっぷく!』での話について

長谷川さんは、7月14日放送の『いっぷく!』に出演。

5100_shindo

長谷川さんは2008年に、バンド『ポルノグラフィティ』のギタリストである

新藤晴一(はるいち)さんと結婚され、2009年5月に男の子、2012年の

1月に女の子が生まれています。

ということで、番組で話していた幼稚園の話は、上のお子さんについてですね。

最近、その幼稚園で「バザー」があったそうで、弁当箱が開かないように止める

ゴムバンドやバッグなどを、手作りで持っていったそうです。

番組では、長谷川さんの手作り品の写真も紹介されていました。

長谷川さんは裁縫がとても好きで、仕事の合間を縫って作ったそうですね。

弁当箱のゴムバンドは好評で、すぐに売り切れたそうですが、バッグは値段の

設定が高過ぎたらしく、半額にしたら売れたとか(笑)

また、気になる幼稚園での「ママ友」との会話は、やはり定番の「お受験」を

するかしないか、といった話をされたりするようです。

『ペテロの葬列』の演技について

長谷川さんが演じる「間野京子」は、主人公の杉村三郎の妻、杉村菜穂子の

紹介もあり、三郎と同じ部署で働くことになります。

第2話のエンディングでは、第1話で三郎と同じく事件に巻き込まれた、

峰竜太さん演じる「田中雄一郎」から電話が来て、来るハズのないモノが

届いたという知らせが。

電話を受けて困惑している三郎に対し、京子は三郎にも届くのではと指摘。

来ても困るという三郎に対し、京子は「どうしてですか?」

5100_mano2

・・・この「とぼけた」表情も、何かとてもわざとらしいんですよね〜。

だって、第1話でこんな画像が出てますから。

5100_sato-mano

改めて見ると、この画像はヤバイ(笑)

そしてエンディングでは、次のようなシーンも出てきます。

三郎が仕事を終えて地下鉄の駅に来てみると、反対側のホームには京子の姿。

京子は三郎に気付きませんが、電車が到着するタイミングで気付きます。

通り過ぎる電車を挟んで、対峙する京子と三郎。

5100_mano-sugimura

電車のガラスから透けて見える京子は、何とも妖しい表情でした。

5100_mano4

この表情の後に、次の画像にサッと切り替わるので、なおさらです。

5100_ikasamashi1

この「眼」は、フランス人画家「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール」作の

いかさま師』という絵に描かれている女性の眼。

何と言っても「いかさま師」ですからね・・・。

ところで、演技とは全く関係ない話ですが、電車を挟んで2人が対峙する

画像にちょっとだけ見えている、地下鉄の駅名の看板。

あの画像だとわかりにくいですが、ドラマを見ると「Shinbashi-1 Chome」

と書かれているのがわかります。

調べたところでは「新橋一丁目」という地下鉄の駅は、存在しないですね。

(間違っていたら申し訳ありません)

京子が待つホームに「押上行き」の電車が来ることから、おそらくですが

都営浅草線の「新橋駅」の看板を変えてロケをやっているのかなと。

もし行く時があって、覚えていれば(笑)確認してみようと思います。

まとめ

ドラマを見る時、原作がある場合は読むことが多いんですが、このドラマは

最後まで読まずに見てみようかと思ってます。

長谷川さん演じる「間野京子」はヒロインですし、今まで書いてきたように

ドラマの「キーマン」であることは、間違いないのでしょう。

第3話以降、長谷川さん演じる間野京子の動きが、とても楽しみです。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>