谷原章介の嫁と子供は?唐沢寿明との出会いや軍師官兵衛の名場面も

5408_tanihara

谷原章介さんというと、個人的にはクールな感じの笑顔が印象的ですが、

上の画像のように笑う谷原さんも、やっぱりカッコいいですね。

2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』について、出演されている方の

記事を数人書いてきましたが、谷原さんも「竹中半兵衛」役で出演され、

官兵衛の「軍師としての先生」のような役柄でした。

また、囚われの身になった官兵衛の為、自分の主君である織田信長をも

「だまして」窮地を救ったシーンは、最も感動した場面かもしれません。

と、ドラマでの谷原さんについて書いてきましたが、そういえば奥さんや

お子さんのことを知らないので、調べてまとめてみることにしました。

また、以前記事を書いた唐沢寿明さんとも仲が良いそうで、9月7日放送の

『ボクらの時代』では、及川光博さんも含めて3人で出演。

そちらで話されたお二人の出会いについても、まとめてみます。

スポンサーリンク
sin35_336x280

プロフィール

生年月日:1972年7月8日
出身:神奈川県横浜市
中学:横浜市立新田中学校
高校:神奈川県立幌北高等学校
血液型:A
身長:183cm
所属:イー・コンセプト

谷原さんの愛称は「ハラショー」「タニショー」「谷やん」だそうです。

『ハラショー』はいいですね。覚えやすいし、記憶に残りやすいですし。

ところで『ハラショー』ロシア語ということは何となく知ってるんですが、

意味を知らないので調べてみたところ「すばらしい」とか「よい」などの

賞賛の気持ちを表す言葉とのこと。

言葉の意味から見ても『ハラショー』はいいニックネームと言えそうです。

また、所属の「イー・コンセプト」ですが、検索するとまず引っかかるのが

『JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT(略称:JME)』で、そのホームページに

谷原さんの情報も載っています。

この意味は、イー・コンセプトが「JMEの子会社」ということでした。

イー・コンセプトには、篠原涼子さんや鈴木杏樹さんなどの他、宝塚出身の

女優である映美くららさんも所属されているとのことです。

1827_kurara

映美くららの元彼は中田英寿?現在の熱愛や結婚情報は?出演CMなど

奥さんとお子さんは?

谷原さんは、2007年3月に「三宅えみ」さんと結婚。

5408_Miyake

三宅さんは1977年12月生まれとのことなので、谷原さんが34歳、

三宅さん29歳での結婚ということでしょう。

どうでもいいかもしれないですが、三宅さんは「えくぼ」がいいですね。

以前紹介したこの方も、えくぼがとても可愛らしい美人。

3495_usuzumi2

野々すみ花さんの記事はこちら

野々さんも、先程の映美さんと同じく元宝塚の女優さんです。

ちょっと話が逸れましたが、三宅さんはいしだ壱成さんの元奥さんとのこと。

有名な話なんでしょうが、ちょっと、というか大分ビックリしました。

三宅さんの子供は、いしださんとの間のお子さんが1人、谷原さんとの間の

お子さんが、なんと4人(!)

ということで谷原家は、今どきにしては非常に珍しい大家族なんですね。

まだまだ小さいお子さんも多いですから、とてもにぎやかそうです。

唐沢さんとの出会いは?

3561_karasawa

冒頭にも書きましたが、 谷原さんは唐沢さん、及川光博さんのトリオで

9月7日の『ボクらの時代』に出演。

みなさんは「10年以上の付き合いがある飲み仲間」なんだとか。

ところで、谷原さんと唐沢さんとの初コンタクトは、2000年放送の

ドラマ『ラブコンプレックス』とのこと。

こちらのドラマは、ある会社の秘書室に配属された2人の男性が主演で、

その内の1人が唐沢さん(もう1人は反町隆史さん)

その2人の男と、木村佳乃さんやりょうさん、小雪さんといった7名が

演じる秘書とのお話だそうです。

ちなみに谷原さんは、おそらくですが第4話のゲスト「御曹司」役で出演。

・・・見てないのでこれぐらいで(笑)

それよりも、2006年放送のドラマ『小早川伸木の恋』での話について、

番組では語られていました。

こちらのドラマは、柴門ふみさんの同名マンガが原作で、唐沢さんが主役の

小早川伸木役、谷原さんは小早川と同期の「竹林隼人」という役で出演。

その衣装合わせの為、谷原さんがエレベーターで会場まで上がっていって

降りようとすると、目の前にいきなり唐沢さんが立っていたそうで・・・。

その時のお二人のやり取りがこちら。

谷原『あっ、今回お世話になる谷原といいます。よろしくお願いします。

以前も1回(2000年のラブ〜)やったことがあるんですけども・・・・・・』

唐沢『何だお前、そんなチンドン屋みたいな格好して』

ちなみに、谷原さんのその時の格好は「スーツ」だったそうです。

チンドン屋についてピンと来ない方はこちらをどうぞ(自分もですが)

チンドン屋(Wikipedia)

この件、谷原さんはさすがに「やりづれぇなぁ〜」と思ったようで。

唐沢さんは「話盛るのやめてくれる?」と言い訳してましたが(笑)

ちなみに及川さんも唐沢さんとの初コンタクトで、同じような経験を

されていたことも番組で語られていました。

唐沢さんは、初対面でもいきなりガツ〜ンとかます方なんでしょうね。

軍師官兵衛の名シーンについて

5408_hanbe

谷原さんが演じた竹中半兵衛は、秀吉の「軍師」として活躍した人物です。

ドラマでは常に冷静沈着、秀吉から「義兄弟」の誓紙をもらってのぼせ上がり、

秀吉の為に功を立てることを焦っている官兵衛に対して、目の前でその誓紙を

燃やして「紙切れよりも大事なことがあるはず」と諭した場面も。

そうした半兵衛の教えにより、官兵衛は秀吉の軍師として成長していきました。

信長をだまして松寿丸を救う

これは、官兵衛が信長に謀反を起こした荒木村重の説得に失敗し、村重の居城の

有岡城に囚われてしまった時の話。

信長は有岡城を攻撃しますが、なかなか城を落とすことができません。

その為、城の守りが堅いのは、官兵衛が村重に寝返って作戦を立てていると主張。

信長は秀吉に対して、官兵衛が忠誠の証として秀吉に預けている息子、松寿丸の

首をとるように命じます。

秀吉は、信長に考え直すよう説得しますが聞き入れられず、それを横で見ていた

半兵衛は信長に対し「私がやります」と言い、その場を収めました。

ですが、半兵衛は元よりその気はなく、松寿丸を自分の庵にかくまいます。

半兵衛は自分の命が長くないことを知っており、自分の代わりに秀吉の軍師として

活躍してもらわなければならない官兵衛の為、信長の命に背くという危険を犯して

松寿丸を助けたんですね。

その後、秀吉のいる播磨の陣中に戻ってから、半兵衛はこの世を去ります。

半兵衛は石田三成に『自分の智恵に頼り過ぎず、もっと人の心中を察すること』

秀吉には『これからは何事も官兵衛を頼ること』という助言を言い残しました。

・・・残念ながら、三成も秀吉も、この半兵衛の言葉を忘れてしまいましたね。

ねぇ、田中さん(って、田中さんに言っても仕方ないですけどw)

4403_mitsunari

田中圭の大学は英語系?石田三成役の見所は?嫁のさくらとは子供も

このように半兵衛は若くしてこの世を去りましたが、半兵衛の息子の竹中重門は

関ヶ原の戦いにおいて、父親が助けた松寿丸(=黒田長政)と並んで陣を張り、

共に戦ったと、番組最後の「官兵衛紀行」で紹介がありました。

この話も、半兵衛が松寿丸を助けた話と合わせて、とても感動的でしたね。

竹中重門役は誰が演じるんでしょうか?こちらも楽しみです。

・・・この話を番組で出しといて、もしそのシーンが無かったら残念過ぎる(笑)

まとめ

ここまで竹中半兵衛の話を書いてきましたが、実は谷原さんの大河ドラマの印象は

2004年の『新選組!』でした(伊東甲子太郎役)

そういえば『新選組!』は三谷幸喜さんが脚本。

そして、2016年に放送されることが決まった『真田丸』も、三谷さん脚本です。

もしかしたら、真田丸にも谷原さんは出演されるのでしょうか?

そちらもぜひ期待したいですね。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>