内野謙太の花燃ゆ情報!仮面ライダーに多数出演?「とんび」の逸話も

5950_kenta

2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』に出演される内野謙太さん。

2014年は、自分がチェックしていた『東京スカーレット』と、大河と

同じく時代劇の『吉原裏同心』にも出演されていました。

もちろん、それ以外にも多くの作品に出演されてまして、その内の1つが

タイトルにも書いた「仮面ライダー」

今回は、今挙げたような内野さんの出演作品について、主に書いてみます。

スポンサーリンク
sin35_336x280

プロフィール

生年月日:1985年7月5日
出身:埼玉県
血液型:B
身長:170cm
所属:サイトウルーム

内野さんは『テアトルアカデミー』の出身とのこと。

テアトルアカデミーは、いわゆる「タレント養成」を行っているところで、

北は札幌、南は福岡まで全国に10箇所展開しています。

このブログでも紹介した本仮屋ユイカさんも、アカデミーの出身者ですね。

4925_yuika

本仮屋ユイカと千原ジュニアの関係は?妹や唐沢寿明とスタイル比較

現在の所属者としては「マル・マル・モリ・モリ!」で一躍有名になった

鈴木福くんもいます。

ということで、内野さんも1996年にドラマで子役デビュー。

その後は『ウイングスジャパン』を経て、現在の事務所へ移られました。

ウイングスジャパンは、個人的に注目しているこの方の所属事務所です。

4303_misato

藤田美里は藤田光里の妹でモデル!ゴルフの実力は?姉のキャディも

『花燃ゆ』の出演情報

大河ドラマ『花燃ゆ』は、吉田松陰の妹「文」が主人公のドラマ。

文は、兄の教え子の「久坂玄瑞(くさか げんずい)」の妻でもありました。

ということで、舞台は主に長州(今の山口県)となりますが、内野さんが

演じられる松浦亀太郎(=松浦松洞)も、長州の人物。

久坂玄瑞と同じく、松下村塾の一生徒でもあります。

そして、この人物で有名なのは、師である吉田松陰の肖像画を描いたこと。

吉田松陰は歴史の授業で出てくると思いますので、その肖像画を見たことが

ある方は、非常に多いのではないでしょうか。

その肖像画が載っており、松浦のことも書かれている記事がありましたので

紹介しておきますが、ネタバレにはなりますので、その点は注意です。

(左の方に画像がありますので、画像だけチラッと見て戻ってもいいかも)

吉田松陰自賛肖像と松浦松洞(山口きらめーる)

仮面ライダーについて

記事を書いている12月18日の段階で、内野さんのキーワードには

・仮面ライダードライブ

・仮面ライダー電王

という2つの「仮面ライダー」があります。

2つも同時に仮面ライダーのタイトルがあるということは、過去にも

いろいろと出られてるのかと思い、Wikiで出演歴を辿ってみました。

・・・が、この2つだけでした。

それに「仮面ライダー電王」は、2007年3月頃の出演作品。

何で今注目されてるの?というと、おそらく仮面ライダードライブの

出演が最近だから(2014年11月)

それで「内野さんって電王にも出てた人だ〜!」ということになって

キーワードとして出てる・・・そういうことでないかなぁと。

ちなみに、こちらが仮面ライダードライブ出演中の内野さん。

仮面ライダーをスクープしたい!という新聞記者の「高杉憲太」という

役だったようです。

その他出演作品について

ここでは、自分が内野さんを見た2作品について紹介したいと思います。

東京スカーレット(第1話)

5950_sakamoto

内野さんの役柄は、ある高層マンションの清掃員「坂本健太」

イラストレーターを目指して上京したけれど、なかなかうまくいかず。

そんな時、高校の同級生だった「三沢百合子」とマンションで遭遇。

坂本は、優しくて頑張り屋の百合子に憧れていました。

が、百合子はマンションの金持ちに媚びを売るような女になっており、

坂本はそんな百合子を元に戻す為、今の男と別れるよう説得。

しかし、逆に「本当は(金持ちが)うらやましいくせに・・・」という感じで

『自分が上に行けないから、私を引きずり落とそうとしてるんでしょ』

『認めなよ。自分が夢にすがってる負け犬だって!』

てなことを言われてしまい逆上・・・・・・ざっくり書くとこんな展開でした。

ちなみに百合子を演じたのは、岩田さゆりさんです。

5950_misawa

岩田さゆりの結婚や彼氏情報は?性格はガサツ?可愛すぎる昔のCMも

吉原裏同心(第10話)

5950_bunkichi

役柄の名前は「文吉」

吉原に遊女として働いている小春(演・馬渕英俚可さん)の弟です。

家の為に吉原に入った小春を心配させない為、そして喜ばせる為に、

文吉は仕事がすごく順調にいっていることを姉に手紙を書きますが、

実際は親方に怒られてばかり。

でも、姉は出来の悪い弟がウソをついていることを知っていました。

知っていましたが「ウソから出た実」という言葉を信じ、周りには

弟のことを自慢するような優しい姉でした。

ですが、小春はある男達の金儲けの道具として使われ、亡き者に。

文吉は姉の仇を取る為、神守幹次郎(演・小出恵介さん)と一緒に

その男達が密談しているところに向かいます。

・・・という感じでしたね。

『吉原裏同心』について知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

3495_Yoshiwara

吉原裏同心のあらすじは?キャストは野々すみ花や平田薫にも注目!

『とんび』の逸話

では最後に『とんび』について。

これも内野さんが出演されたドラマで、2013年に放送されました。

で、こちらがクランクアップの出演者コメントが書いてある記事です。

日曜劇場とんび(TBS)

逸話と書きましたが・・・すいません、かなり大げさな表現でしたね(笑)

5950_masaaki

『とんび』の主演は、内野聖陽(うちのまさあき)さん。

→名字が同じ

→間違われることがありそう

まさにそんな話で、先程の記事に書いてありましたが、TBSでドラマの

顔合わせがあった時、警備員さんが聖陽さんのことを「謙太」の名前で

呼んでしまった、という話でした。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>