平田満と嫁の井上加奈子の結婚はいつ?満島ひかり以外の共演情報も

6006_hirata

Yahooの「吉田鋼太郎さんを検索した方はこのワードも検索しています」で

トップに来ている平田満さん(記事を書いている時点で)

その理由はタイトルの「満島ひかり以外〜」がヒントですが、後で詳しく。

もう少し早く平田さんの記事を書けばよかった、という結果でしたが。

あと、平田さんといえば『蒲田行進曲』が出世作とのこと。

自分もそうでしたが、イメージが湧かない方の為の良い動画がありますので、

そちらも紹介したいと思います。

プロフィール

生年月日:1953年11月2日
出身:愛知県豊橋市
血液型:AB
身長:169cm
高校:愛知県立時習館高等学校
大学:早稲田大学第一文学部
所属:アルファエージェンシー

では、最初にも書いた平田さんの出世作『蒲田行進曲』について。

『蒲田行進曲』というタイトルの曲は、自分の中で次のような理解でした。

・同じ名前のタイトルのドラマや映画の中で、テーマ曲として使用

→それがキッカケで知られるようになった

ですが、蒲田行進曲のWikiを見る限り、そうではないようです。

蒲田行進曲(Wikipedia)

先に曲があり、戦前には流行歌にもなっていて、その後1982年に同名の

映画でその曲が使用された、という話でした。

ところで、曲はどんなだったっけ?という方は、こちらの動画をどうぞ。

曲は、JR京浜東北線「蒲田駅」の発車メロディーとして使用されています。

55秒過ぎからの3・4番線(東京方面)の曲の方が、自分はイメージしやすいですね。

(動画では、1・2番線の曲も最初の方で聴けるようになってます)

奥さんの井上加奈子さんについて

平田さんの奥さんは、女優の「井上加奈子」さん。

お二人は『アル☆カンパニー』という団体を設立され、共演もされています。

こちらは、2014年2月に共演された作品の記事。お二人の写真付きです。

とよはし演劇工房『失望のむこうがわ』

ちなみにお二人の結婚時期については、Wikiなどに情報はありませんでした。

ただ、2010年に夫婦で出演された番組があり、その内容が書かれた記事を

見てみると、ある程度予想はつきます。

二人の食卓〜ありがとうのレシピ〜(2010年5月8日)

それによれば、お二人は8年の交際を経て結婚。

その後、平田さんは映画『蒲田行進曲』でブレイク。

ということで、蒲田行進曲の映画に出演された1982年よりは前です。

そしてWikiによれば、大学の時に井上さんと出会ったという記載。

平田さんが大学した年は、1971年(浪人等は無しと仮定しています)

また、大学1年から交際開始と仮定し、8年足すと1979年。

というわけで、1979年〜1982年の間に結婚されたのではないかと。

だから何?と言われれば「いや、別に・・・」としか答えられないですけど(笑)

何か気になってしまったんで、検証してみました。

ところで「子供」とか「息子」というキーワードもありますが、検索結果で

書いてある内容としては「ドラマでの設定情報」が多かったです。

タイトルに入れた満島ひかりさんは、2014年秋ドラマ『ごめんね青春!』

で、平田さんが演じた役の子供としての出演でした。

時代劇出演について

ここで、吉田鋼太郎さんとの話に行く前に、最近特にこのブログで書いている

「時代劇(主に大河)出演」について。

平田さんは、1987年の『独眼竜政宗』などに出演されていました。

独眼竜政宗は、渡辺謙さんが主演として伊達政宗役を演じられたドラマ。

『梵天丸(ぼんてんまる)も、かくありたい』というセリフが有名です。

※梵天丸:伊達政宗の小さいころの名前

これは確か、渡辺謙さんではなく幼少期を演じた子役のセリフだった記憶が。

あと印象的なのは、政宗と父・輝宗の別れのシーンですね。

敵が輝宗を盾にして逃げる時、輝宗が「ワシもろとも撃て!」のようなことを

確か政宗に言って、最終的に敵を倒したが、輝宗も亡くなるという結末。

ありがちな構図(犯人が人質を盾)ですが、味方も亡くなるという点が何だか

印象的で、その敵である畠山義継の印象が強烈に悪くなった一件でした。

で、ようやく平田さんについてですが、役柄の名前は「鈴木重信」

伊達政宗の家臣としては「筆頭」の地位とのこと。

残念ながら記憶に残ってないですが、Wikiによると「納豆」が苦手だったとか。

そんな設定が個人的にされてるということは、出番は結構多かったのかも。

満島ひかりさん以外の共演情報

さっきもちょっと書きましたが、平田さんは満島さんとドラマで親子役。

それ以外で話題なのが、Yahooの関連人物として出てくる吉田鋼太郎さん。

お二人が共演しているのは、舞台『海をゆく者』です。

で、こちらがその舞台のスポット動画。

お二人以外の出演者は、小日向文世さん、浅野和之さん、大谷亮介さん。

その5人のオジサン達が、クリスマス・イブにポーカーをしながら、飲んで

しゃべってしゃべりまくる、という舞台だそうで。

動画を見ていて、皆さんとても生き生きしてる感じで、おもしろそう。

というより、テレビでしか見たことがない皆さんを、生で見てみたらどんな

感じなんだろうな〜という気持ちの方が強いです。

見たことないんですよね、こういう舞台って。

そう思ってたら、舞台の記事に「チケット購入」のリンクがありましたので、

押してみました・・・が、東京での公演はもう空いてないようです。

公演も残すところあと3日だし、人気ありそうですし、まあ無理ですよね。

あと3日とかいう問題じゃなく、もっと先に売り切れてたかもしれません。

残念。また5年後に東京でやるんでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>