鈴木綜馬が相棒とタイタニック出演!結婚情報は?昔は嫌味な直江兼続

6265_suzuki

今回の記事を書くに当たっては、2つ前の記事の影響が大きいです。

知らず知らずのうちに鈴木綜馬さんが演じた直江兼続について書いてまして、

鈴木さんがドラマ『相棒』に出演されることを知って調べてみたところ、

「この方があの嫌味な直江兼続!?」と話がつながったというわけで。

思いもかけないところでつながったもので、思わず声が出ました(笑)

その嫌味な兼続については、後で2つ前の記事を紹介しながら書きますが、

3月に上演のミュージカル『タイタニック』についても少し触れてみました。

プロフィール

本名:鈴木孝次(たかつぐ)
生年月日:1960年12月20日
出身:東京都
血液型:AB
大学:玉川大学文学部外国語学科英語専攻

玉川大学・・・東京と神奈川の境を流れる「多摩川」とは関係ないですよね。

ないですよね・・・とは書きましたが、気にはなるので場所を調べてみると、

小田急線で多摩川近くの駅から「9駅ほど神奈川寄り」ぐらい。

ということで、多摩川からは大分離れてました。

ちなみに、住所は「東京都町田市」

但し、地図で見てみると、一部は「横浜市」にあり「川崎市」にもある、

県や市の境をまたぎまくりの学校のようです。

ところで、鈴木さんの大学での専攻は「英語」

そちらについては、後で紹介するタイタニックの動画でも確認できました。

結婚情報は?

鈴木さんの結婚情報について書かれていたのは、2000〜2001年に書き込みが

ある掲示板ぐらいです。

そこにあった情報を書き出してみると、次のような感じ。

・既婚(らしい)

・今の奥さんは2人目(らしい)

・子供がいる(らしい)

上で「今」と書きましたが、もちろん2015年ではなく、2001年情報です。

ところで、この掲示板をザーッと読んでいると、鈴木さんは割とテンションが

高めの方なのかな〜という印象を受けました。

次に紹介するタイタニックの動画でも、確かにそんな感じはちょっとしますね。

タイタニックと相棒に出演

『タイタニック』とは、言わずと知れたあの豪華客船のこと。

レオナルド・ディカプリオさん主演の映画としても、非常に有名かと思います。

それにしても、公開が1997年でしたか。もっと最近な気がしたんですけどね。

あと、結局映画見てない・・・セリーヌ・ディオンさんの歌はよく覚えてますが。

ということで、こちらの「歌付き映画ダイジェスト動画」を紹介しときます。

※鈴木さんとは全く関係ありません。

で、ようやく鈴木さん出演のタイタニックですが、こちらは「ミュージカル」

そして、タイタニックについての鈴木さんのコメント動画がこちら。

動画で鈴木さんも語っていますが、役柄はタイタニックの「オーナー」である

『イスメイ』という名前の男性。

映画のWikipediaにも名前があるので、映画でも登場していた人物のようです。

それは少し置いといて、ここでは動画についてもう少し詳しく触れてみますと・・・

1分頃からは、このミュージカルの演出家の方に対し、鈴木さんがどういった

印象をオーディションで持ったか、という話。

鈴木さんはオーディションで英語の歌を披露されたそうですが、その時の話も

もちろん英語を交えて語ってくれていますね。

あとは、3分過ぎからの「お客様へのメッセージ」

こういった宣伝動画は、もちろんテンション高めの方が良いと思いますけども、

今までに見た中では「かなり高め」な感じがしました。

でもこのミュージカルはこういうもんなのかも?と思い、このミュージカルの

主演を務められる加藤和樹さんについて同じインタビュー動画を見ましたが、

断然、鈴木さんの方が上です(笑)

気になる方は、加藤さんの方も見てみて下さい。

加藤さんのを見た後だと、最後だけでなく全体的に鈴木さんは高めですね。

ちなみに、東京公演は2015年3月14日から。大坂公演は4月1日からです。

記事を書いてる時点では、チケットは一般販売でまだ少し購入可能でした。

・・・相棒の話を全く書いてなかったので、 こちらのツイートを紹介しときます。

ということで、役柄は観てのお楽しみです!

嫌味な直江兼続(笑)

では、最後にこの話題について。

鈴木さんが直江兼続役を演じられたのは、2002年に放送された大河ドラマ

『利家とまつ』です。

そして、最も長く登場したと思われる回は、第37話。

主君である上杉景勝に付き添い、豊臣秀吉に謁見する為に大坂城へ向かう

途中、前田利家の居城「金沢城」で接待を受けた時のシーン。

6265_naoe

この顔を見れば分かるかもしれませんが、この時に前田家と上杉家の間に

ちょっとしたゴタゴタがありまして。

その話については、こちらの記事も参考にどうぞ。

6195_keijiro

前田慶次が藤竜也で話題!利家とまつでの上杉仕官理由は岩ガキ?

※上の画像は、利家とまつで前田慶次を演じた及川光博さん。

藤竜也さんは、4月から前田慶次の「晩年」をドラマで演じられます。

前田慶次という名前が出てきましたが、そのゴタゴタで主に対決したのが

直江兼続と前田慶次でした。

そのゴタゴタをカンタンに書くと、

・接待で前田家が何をしても、上杉景勝は黙ったまま。そのことにキレた

慶次が景勝に文句を言うと、兼続は「これは接待の余興か?それともマジで

怒ってんのか?」みたいなセリフでやり返す

・慶次の父・利久が最悪な空気の場を変えようと「岩ガキ」を景勝に出すが

「こんなのウチにもあるって」みたいなセリフでチクリと嫌味

ただ、利家とまつでは、このゴタゴタのおかげで前田慶次が上杉家に仕える

ことになったとも言える描かれ方でした。

まとめ

今回は、あのテンションの直江兼続を鈴木さんが演じてたということを知る

ことができて良かったですね。

「演技」とはわかっていながらも、全然異なるテンションの役をこなされて

いる方を観るのは、やっぱりおもしろいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>