神木隆之介は佐藤健に夢中!高校では3D眼鏡ボケ!仲の良い同級生は?

6878_kamiki

神木隆之介さんのプロフィールはこちら

Wikipedia(神木隆之介)

神木さんを見ると、今年の辛かった正月を思い出しますね。

年明け早々40度近い熱が出て、ようやく熱が下がってきた時にテレビをボーッと見てたら、何か30年後の未来はどうなってるか?みたいな番組をやってまして。

そこで30年後のサラリーマンを演じてたのが神木さんでした。身につけている腕時計の指示通りに動かないとトンデモナイ目に遭う話だったような(笑)

ところで先日、神木さんはテレビ番組「おしゃれイズム」に出演されました。

今回は、その番組について知り合いがまとめてくれた内容を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
sin35_336x280

佐藤健さんとは大の仲良し!というか夢中!

6878_sato

映画「バクマン。」で共演された佐藤健さんとは、プライベートでも親交がある神木さん。

佐藤さんの家にはよく遊びに行く間柄で、いつも服を大量にもらっては「ありがたや~!!」と言ってるそうです(笑)

過去には、サプライズで20歳の誕生日をお祝いしてもらったこともあるんだとか。

佐藤さんいわく「省エネタイプの自分と比べて、隆(神木さん)はいつも元気でテンションが高い」そうですね。

ちなみに神木さん、佐藤さんの「男の色気」に憧れているとのこと。特に佐藤さんの目に色気を感じるそうで

「いつか佐藤健くんの写真集を撮りたいぐらい、美しい。みんな会えばわかります」

と番組中で熱弁をふるい、司会の上田さんから「こっちの人なの?笑」と何度も突っ込まれていました。

感想

子役時代から可愛い印象だった神木さんですが、とにかくいつも元気なタイプとは意外でした!

少し年上の佐藤さんに人間的にも憧れている様子が伝わってきて微笑ましいですね。

まるでクールなお兄ちゃんと、人懐っこい弟のようです。

高校ではクラスのムードメーカー

高校時代は、クラスの中でもお調子者だった神木さん。

突然授業中にサンタの恰好で登場してみたり、映画アバターが流行った時には3D眼鏡で授業を受けてみたり。

ちなみに3Dメガネを掛けた時には

「うわぁ!スゲー!3Dだ!(黒板の)字も浮き出てる!」

と神木さんが騒いだ後に先生から

「んなわけねーだろ」

とツッコまれるのがお決まりだったそうです(笑)

なぜそんなことをしたのかについては、本人いわく

「みんな授業中つまらなそうな顔で授業を受けていた。将来クラスメイトが高校時代のことを思い出して、つまらなかったね。と思ってほしくない。あんな面白いことがあったね。と思い出して欲しくてやっていた。」

とのこと。

クラスメイトにも「今日の面白かったよ」と、なかなか好評だったそうです。

感想

まさかこんなにクラスメイト想いの盛り上げ役だったなんて、面白すぎます!

目立つことが好きな印象ではなかったので、世間のイメージとギャップがあり、素敵ですね!

こんな面白い(そしてカッコいい)クラスメイトがいたら、毎日学校に行くのが楽しいですね~。

飲めない神木さん

6878_nakamura

学校の同級生だった歌舞伎役者の中村隼人さんいわく

「20歳になって、山田涼介くん(Hey!Say!JUMP)も含めて3人で飲んだら、神木さんは1杯目でダメになってしまい、介抱してあげた。」

とのこと。

で、山田さんにも「大丈夫か?水飲めよ~」と介抱されたとか。

感想

この3人が高校の同級生で仲が良かったことを知らなかったので、貴重なエピソードです!

20歳になった時って、芸能人もみんなこうして解禁飲み会をするんですね、親近感が湧きますね。笑

自分の感想

3Dメガネのところで「目立つことが好きな印象でない」と知り合いが感想を書いてましたが、自分もそう思ってました。

顔だけでの判断なのですが、控えめな感じなんじゃないのかなぁと。

その辺りが気になったので自分も番組を見てみたんですが、その先生とのやり取りを身振り手振り含めた迫真の演技(笑)でMCの上田さんに説明してまして。

そして、その時の神木さんがすごい楽しそうなんですよね。本当にそういうことが好きなんだなと感じられたシーンでした。

今後もそういう茶目っ気溢れる神木さんを、時々でいいので見たいですね。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>