濱田岳は金八&嫁との初対面で「人生の重大な決断」を成し遂げていた

6928_hamada

濱田岳さんのプロフィールはこちら

⇒ Wikipedia(濱田岳)

今回は、あさって10/23から始まる「ドラマ版釣りバカ日誌」で主演の濱田岳さん。

濱田さんというと、個人的には「永遠の0」や「軍師官兵衛」で岡田准一さん名コンビなイメージがあります。

軍師官兵衛の善助役は良かったなぁ。そういえばあのドラマでも私生活と同じような結婚をしてたんでした。

善助が結婚したのは、モデルの福島リラさんが演じた「お道」

実はあのことで、実際も小泉深雪さんというモデルと結婚されていることを知りましたが。

では、ここからは知り合いがまとめてくれたA-studioの内容を紹介していきます。

濱田さんは2012年5月に番組へ出演。

奥さんと初めて会った時の話や、金八に出演された時のことを話してくれました。

スポンサーリンク
sin35_336x280

小泉深雪さんとの初めての出会い

6928_koizumi

小泉深雪さんのプロフィールはこちら

Wikipedia(小泉深雪)

濱田さんが打ち上げで飲んでいた時に、今の奥さんである小泉深雪さんと出会います。

このチャンスを逃したくなかった濱田さんは、とにかく飲んで勢いをつけ、何とか小泉さんの電話番号を聞き出そうと頑張りました。

しかし小泉さんはメチャクチャ強くて全くつぶれる気配がなく、結局濱田さんが小泉さんの電話番号をゲットしたのは何と翌朝だったとか。

真面目そうな濱田さんが、飲みの席で未来の奥さんをナンパしたのが二人の出会いっていうのは意外でした。

朝まで5、6回戻しながらも粘って電話番号をゲットするっていうのは、何とも濱田さんらしいエピソードだと思います。

感想

すごいガッツですよね、濱田さん。

自分も5、6回戻したことはありますけど、そんな時は頭はガンガン、気分は最悪。

とてもじゃないけどナンパなんて続ける気力が持たない気がしますが、火事場のクソ力みたいな感じなのかも。

そして電話番号をゲットしただけではなく、その後結婚まで持っていく。

その辺りの見事な実行力は、次に書く金八先生の頃に培われたものかもしれません。

学校かドラマかの選択を迫られる

高校1年の時濱田さんが「3年B組金八先生」に出ていた時の話。

金八先生の撮影は、約半年ほどの長い時間がかかったそうで。

その為、濱田さんは学校の生活を取るか、それともドラマの方を優先するかの二者択一を迫られました。

母親に相談したところ、あなたの好きなように選びなさいと言われます。そこで濱田さんは

「勉強はいつでもできる」

と考えて、ドラマの方を優先することにしたとのこと。

自分も、そのドラマを見て俳優濱田岳を知りました。

彼がドラマで好演している裏で、人生におけるそんな重大な選択をしていたのは知りませんでした。

そういう決意を持って演じたからこそ、印象的な演技ができたのかもしれません。

感想

Wikiを見ると「獨協高等学校中退」とあります。

多分これがドラマを優先したという話に対応するんでしょう。

「勉強はいつでもできる」

高校生でこの決断はなかなかできない。小さいけども、小さな頃からビッグな男です。濱田さん。

まとめ

最後に大変失礼な話ですが、濱田さんと小泉さんが飲んでた場に居合わせてみたかったなぁ。

身長差は約20cm(濱田さんが160cm、小泉さんが179cm)

年齢差は10歳(濱田さんが1998年6月生まれ、小泉さんが1979年1月)

かつ、お二人の顔の差(大変申し訳ありません)

濱田さんが俳優ということを知らなければ、どう見たって「男が女に電話番号を聞き出そうとしている」状況には見えない気が。

強いて言うなら、姉と弟が飲んでる感じ? でもそれも違いますね。小泉さんの弟さんにはあんまり見えないですから。

「ペーペーのマネージャーがスーパーモデルに朝まで飲みに付き合わされてる」

しっくり来るのは、こんな感じかも・・・

何にしても、実際見てもいないのに大変失礼な話です(笑)申し訳ございませんでした。

「飲みに付き合わされてる」って、小泉さんにも失礼ですね。

実際は、濱田さんの「絶対に聞き出すんだ!」という意地が伝わってきたのではないかと思います。

スポンサーリンク
sin35_336x280
sin35_336x280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>