雨上がり宮迫と蛍原の仲は結婚レベル!胃ガンも共に乗り越えた二人

7112_ameagari

今回の記事は、12/12放送の「黄金列伝」に出演した雨上がり決死隊の番組まとめの「後編

前編については、以下の記事をご覧ください。

雨上がり黄金列伝!宮迫の天素脱退に即同意した蛍原の意外な度胸

タイトルに書いたような話は、記事の後半から。

その前に、雨上がり決死隊が大ブレイクしたキッカケについての話をどうぞ。

大勝負でつかんだチャンス!初出演の「ガキ使」でダウンタウンをどつきまわす!

このままではいけないと思った宮迫は、どんな先輩の誘いも絶対に断らずに行くことを決意。

先輩にかわいがられると、編成会議で「誰か若手いませんか?」という話が出た時に、名前を出してくれるようになるのです。

そんな中、山崎邦正の自宅の飲み会で、ついにあのダウンタウンの松本人志に会うチャンスが訪れます。

一緒にトランプをしている時、宮迫は負ける度に自分の顔をビンタしたり、カードを抜かれる時に目をひんむいたり。

それを松本が面白がって、当時のお化け番組「ガキの使いやあらへんで!!」に出演できることに!

そこで、宮迫は一か八かの賭けに出ました。

スタッフに何も言わず、台本を無視していきなり本番で松本に「なんでハゲやねん」と毒づいて頭を上からつかみ、浜田に「口答えすな!」と髪をつかんでひっぱる!

でも、この前代未聞の暴挙に松本は大笑い。

誰からもストップがかかることなく、そのままの勢いで本番が終了。

その放送は視聴率20%を越え、そこから雨上がり決死隊の仕事が急増したのです。

まさかあのダウンタウンにそんなことをするとは!宮迫、怖いもの知らずにも程がある!

その時の映像で、ダウンタウンの二人は突然の宮迫の暴挙に驚きながらも、すぐに状況を理解。

怒って収録を止めるどころか「はい、すいません」と謝るという殊勝な態度をとっています。

普通にやっても印象には残らない。何か面白いことをやらないと売れない。

その賭けに出た宮迫の度胸もすごいですし、何よりそれをすぐに受け入れ、大きな笑いに変えたダウンタウンの懐の深さを感じました。

彼等も「大物」と持ち上げられるより、笑いの為には捨て身で向かってくる後輩の方が、相手のし甲斐があると思ったのでしょう。

みんな、根っからのお笑い芸人なんですね。

唐沢寿明も太鼓判を押す宮迫の「俳優としての演技力」

その後「ワンナイR&R」で人気に火がついた雨上がり決死隊。

宮迫は山口智充と「くず」として歌手デビューも果たし、更に俳優の仕事も増えていきます。

3561_karasawa

宮迫の演技力について、映画「20世紀少年」で共演した唐沢寿明にインタビュー。

「演技は上手いと思う。積み重ねて作るというよりも、その役をパッと想像して感覚でとらえられるタイプ」

「お笑いのストレスは俳優で、俳優のストレスはお笑いで、それぞれ発散しながらバランスをとっているから、いい味、いい雰囲気がちょうど良く出せるんだと思う」

と、大絶賛。それを聞いた宮迫は、

「真剣にほめてくれてるけど、いっつもふざけてる人やで。お前、もっかいガンになれとか、平気で言う人やから」

と言い放っていました。

大物俳優、唐沢寿明のインタビューが入るとは。

黄金列伝、気合入ってるなと思ったら、最後に唐沢が主演する映画「杉原千畝」を紹介。番宣かーい!(笑)

ただ、唐沢さんの評価はとても納得できます。

宮迫の演技には味があって、芸人にありがちな浮いた感じがない。

特に今「下町ロケット」というドラマにお笑い芸人がたくさん出ているのですが、いつものお笑いのイメージと役のイメージが合致しないと、見ていて違和感を感じてしまう。

芸人と俳優を両立させるそのバランス感覚を、宮迫はちゃんと持っているのだなとつくづく思います。

宮迫が胃がん!蛍原に告げたのは、あの番組の収録直前だった

2012年、42歳でスキルス胃がんになった宮迫。

胃がんの中でも命を落とす危険性が最も高い悪性のガンだそうです。

宮迫が蛍原にガンのことを報告したのは「笑ってはいけない24時」の収録直前。

「大丈夫やろ?」

「いや、大丈夫じゃない。死ぬかもしらん」

不安でいっぱいの宮迫に、蛍原は

「大丈夫、大丈夫。こっちはまかしとけ」

と励ますように答えたそうです。

その直後に収録に臨んだ二人。

「笑ってはいけないの収録で、一番笑われへんのはここ(=俺)やった(笑)」と宮迫。

その時どんな顔してるのか、2年ぐらいオンエアを見れなかったそうです。

2年経ってその映像を見てみると、みんなが笑ってる時に「死ぬかも」という思いがよぎって、スッと真顔になったことが5~6回あったとか。

早期発見だったことが幸いし、今も変わらず仕事を続けられていますが、そんな確率でスキルス胃がんが見つかることはまずないそうなので、神様に助けられたとしか思えないそうです。

命の危機という大きな壁を共に乗り越えたことが、二人の強い絆となりました。

宮迫が胃がんというニュースを聞いた時は、衝撃でした。

でも奇跡的に1ヶ月ぐらいで仕事に復帰していて、その後再発のニュースもなく、こんなガンのパターンもあるのだなと驚きました。

無茶をしがちな宮迫が、ガンという試練で一度立ち止まることができて、それまでの荒っぽかった芸風に安定感が加わったのかもしれませんね。

それにしても、この話題は視聴者の関心が高いとプロデューサーがにらんだのか、宮迫が核心について語る前に入ったCMがなんと4分近く!

引っ張りすぎです、黄金列伝さん!

結成27年〜お互いを必要としあうコンビ愛

e035b20e2ffc1c3e81584d04ee44408be273e7d51eb9174390f8_640_愛

黄金列伝恒例、相方へ今だから言いたいこと。

蛍原から宮迫へ「これからもホンマに頼む!」

宮迫から蛍原へ「あなたじゃないとダメ!!」

この相思相愛ぶりに「熱愛やないか~気色わるっ!」と言う司会陣。

「あのチェーンロックごしに『俺はお前について行く。以上』と言われた時に、この人と一生やっていこうと決めたから、雨上がり決死隊の解散はない」

という宮迫の言葉に、司会の月亭八方の一言

「渋谷区行ったら籍入れるんちゃうの(笑)」

この黄金列伝は、収録が始まる前に二人で待機している様子も最初に映すのですが、一言もしゃべらない二人。

仲悪いのかな?という印象で始まりましたが、言葉がなくても互いに信頼し、必要としているんですね。すでに老夫婦の域に到達している感がありました。

この番組中、宮迫についてのエピソードばかりが採用され、しゃべっているのもほぼ宮迫。

でも、見終わった後に不思議に印象に残るのは、そんな宮迫を掌で転がすように見守っている、キノコ頭の蛍ちゃんなのでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>