菅田将暉と弟&高校の親友・山崎賢人&二階堂ふみとの仲良しエピソード!

7247_suda

菅田将暉さんのプロフィールはこちら

⇒ Wikipedia(菅田将暉)

今回は、1/8放送の「A-Studio」に出演した菅田将暉さん。

菅田さん、あのauの「鬼ちゃん」だったとは。

ドラマ「民王」のキャスト画像が印象に残ってたので、全くわからなかったですね。

CMでは常に笑ってる感じで目が細いから余計に。最後のピースなんか最高!

まあ、それよりも最高なのは有村架純さんの「オイ」ですけど。特に1発目。声のトーンと顔が怖ぇ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

では、鬼ちゃん話はこれぐらいにして、知り合いがまとめてくれたA-Studioの内容をどうぞ!

鬼ちゃんは「仮面ライダー」でブレイクした22歳!

今夜の”A”なゲストは俳優・菅田(すだ)将暉さん。最近はauのCMの鬼役でも注目されています。

鶴瓶の「お前やと最近までわからんかった」と言ったのに答えて「おいっす」とCM中の台詞を気軽に披露。客席から湧き上がる歓声。

ショートカットの白髪はもちろんカツラ。裏設定は地方のヤンキーなんだとか。

そんな菅田さんが仮面ライダーになったのは、なんと16歳!

春休みに大阪から上京し、事務所や雑誌の編集局やテレビ局にご挨拶回りしていた時のこと。

銀座で時間があまったので、近くあった東映に行き、何かオーディションないか尋ねると「明日オーディション来てくれるかな」と言われたというドラマのような展開。

「運だけはいいかもしれない。昔から」と本人も語っています。

まだ22歳なんですね!

顔は若いですが、仮面ライダーの頃から見てましたし、落ち着きがあるので20代後半かと思っていました。

仮面ライダーで一躍有名になりましたが、ヒーローで売れるとイメージが固定されるというリスクもあります。

ただ菅田さんの場合、フィリップという謎の少年役で従来の熱血ヒーローではなかったので、イメージにとらわれずに幅広い役を演じられるようになったと言えますね。

auのCM鬼役もはまって、アラサーの太郎3人の中にいても引けをとらない存在感。

これからも、まだまだ演技の幅が広がりそうです。

親友は山﨑賢人&中島裕翔。二階堂ふみと熱愛!?

俳優の山﨑賢人さんとは高校生の時から5~6年のつきあい。年は山﨑さんが2つ下だそうです。

泊まりに来ることもあるそうで、菅田さんの弟が初めて上京してきて兄の部屋に入ったら

「イケメンが部屋で寝ている!」

と思ったら、それが山崎賢人さんだったということも。

この収録前に久々に会って「今度A-Studioあるから、賢人なんか俺ので来てない?」と聞くと、突然「おい純!」と北の国からの田中邦衛さんのマネをし始めたとか(笑)

「ホントはあるけど、ないよ」というお芝居を必死でしていたそうです。

家に泊まりにくるのは、2016年1月公開の映画「ピンクとグレー」で共演しているHey!Say!JUMPの中島裕翔さんもだとか。

関西出身の菅田さんが、映画で必要な関西弁を中島さんに教え、その後プライベートで会っても関西弁で話しているそうです。

7247_nikaido

そして、二階堂ふみさんのことを「初女友達」と語った菅田さん。

二人は性質が似ていて、実際好きなモノが似ているのだとか。

ある時、いつもよく行く店で定員さんも一緒に路上セッションしてたら、写真に撮られたそうです!

「でも、あまりにも普通にいたから、その時の記者さんの言葉で『いや~、ダチッすよ、という空耳が聞こえてきた』って書いてました」

と、熱愛疑惑も見事に笑いで切り返していました。

山﨑賢人さん、中島裕翔さん、二階堂ふみさん。

菅田さんも含めて今活躍中の売れっ子なので「これぞ芸能人の交友関係」という華やかさです。

二階堂ふみさんの話をする時、かなり熱心だったので、これは本当はつきあってる?と疑ってしまいました。

が、恐ろしく趣味の合う友達がたまたま女の子だった、というだけみたいですね。

ところで、今日の菅田さんのヘアスタイルは、茶髪でフロントにパーマをあてた華やかなスタイル。

映画「ピンクとグレー」の中では、前髪が重いオタク風ヘア(釜山国際映画祭では、映画のタイトルにちなんで髪をピンクに染めていたようですが)

この振り幅こそが菅田さんの魅力だなぁと、画面を見ながらしみじみ思いました。

20代でエネルギーをちゃんと爆発させて30代へ

菅田さんは三人兄弟の長男。次男健人くんに鶴瓶がインタビューしていました。

弟が兄を「怒ったことがなくて本当に優しい」と褒めれば、兄も弟を「どこへ出しても恥ずかしくない」と絶賛。

鶴瓶も「弟おもろいやっちゃな」とべた褒めで、出てくる数々のエピソードに最後には「弟のA-Studioみたいやん!」と言う程でした。

最後の鶴瓶の言葉も、弟さんの一言から始まっています。

健人が言ってたんやけど、彼にものすごく刺激されると。

何が凄いかって言ったら、やろうと思うことを全部やると。

それに巻き込まれることを全然嫌じゃないっていう。

彼は今20代ですけど、エネルギーがありあまってんねん。

そのエネルギーをグーッと充満して、20代をバーンと爆発する。

20代がちゃんと爆発しないと30代に行けないよ。

彼は20代でやり残したことで、悔いが残ることは絶対ない。

その世代に全部やらないといけないことを全部やり終えて、次の世代に行く。

これ、すごい大事なことです。

彼はいい30代を迎えるためにも、今、爆発しそうになってます。

年いけばいく程、素敵な俳優になっていくんじゃないかと思いますね。

若いうちにちゃんとエネルギーを爆発させる。

鶴瓶の人生を見てきてもムチャをたくさんしてきたので、ちゃんと発散させて今の「味のあるおっさん」にたどり着いたんだと思います。

ただ、鶴瓶は芸人ですが、菅田さんは俳優。

発散させるにも、あまりムチャをするとイメージに傷がついたり、俳優生命を脅かすことにもなりかねません。

個性の固まりのような菅田さん。

丸くまとまらず、ちゃんと発散して、味のあるシブイ中年になって欲しいと思った回でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>