平井堅の新曲「魔法って〜」使用CMは?結婚・ハーフ・大食いエピソードも

平井堅さんのプロフィールはこちら

⇒ Wikipedia(平井堅)

今回の記事は、7/1放送の「A-Studio」に出演する平井堅さん。44歳。

コブクロさんから3週間後に、また歌手のゲスト!

これぐらいのペースで、月一ぐらいでライブをやって欲しいですね。

そうなると、鶴瓶はゲストの曲を全部チェックするので、大変そうですが(笑)

ライブで聴かせてくれるのは、新曲「魔法って言っていいかな?」

6月22日にシングルが発売された、パナソニック4KカメラのCMソングです。

あたたかく優しい平井さんの声。

CMの家族バージョンで平井さんの曲がかかると、見ているだけで泣けてきます。

それはもう、小田和正さんが歌っている明治安田生命のCMばりの、涙腺の破壊力!

そして、↑の綾瀬はるかさんバージョンのCMでは、撮影現場に平井さんがサプライズで登場して、そのまま共演しています!

安定感抜群の歌唱力で、しっとりとしたバラードを平井さんが歌いあげるのが、楽しみですね!

スリムなボディーで実は大食い?!

番組予告では、取材したお姉さんの話を披露。

飲むと満腹中枢がおかしくなって、食欲が爆発するんだそうです!

実は平井さん「生まれ変わったらギャル曽根になりたい」と言うぐらいの大食い。

「1日でもいいからほんとギャル曽根さんになって、ず~っと食べ続けていたい」んだとか。

いくら食べても平気というあの脅威の胃袋が欲しくてたまらないんですね。

なのに太ることなく、あのスリムな体型!

ジムに通っているそうなので、食べた分はちゃんと消費しつつ、鍛えて筋肉に変えているのでは。

平井堅さんがポッコリお腹で歌うところなんて、絶対に見たくないですから!

平井さんのA-Studio登場は2回目。前回2010年の10月8日の放送では、天然なお母さんの話で盛り上がっていました。

今回はお姉さん。他にも素顔の弟話が聞けそう。

3兄弟の平井さんは、お兄さんもお姉さんも同じような顔なんだとか!

番組では顔出しはないですが、お姉さんにちょっとでも平井さんに似ている雰囲気があるか、後ろ姿の写真が出た時にチェックしてみましょう!

あの濃い顔はハーフなのでは?44歳そろそろ結婚は?

平井堅さんと言えば、ヒゲヅラで濃い顔(←失礼)どう見ても、ハーフ?

以前ご自身の曲のPVで、ターバンを巻いてインド風の衣装をまとい、インド人ダンサーと一緒に踊っていた時には、完全に溶け込んでいました(笑)

本人も「もしやハーフ?」と思って4代先までさかのぼって調べてみたそうですが、やはり生粋の日本人だと判明。

生まれは大阪で、2歳から高校を卒業するまでずっと三重県名張市に住んでいたそうです。

平井さんがデビューシングルを出したのが1995年。もう20年以上も活動していることになりますね。

また、年齢は44歳。そろそろいい年頃なので、結婚するのかどうかも気になるところ。

週刊誌で報じられた人がいますが、噂の域を出ていないみたいですね。

前回出演時、鶴瓶が取材したお母さんに「結婚して欲しい?」と聞いたところ、

「そりゃして欲しいわ~。50ぐらいで」

と答えていました(笑)

あれから5年半。その頃30代だった平井さんも、もう40代半ば。

お母さんの希望している50にも近づいてきたことですし、早く安心させてあげて欲しいですね。

歌が素晴らしいのはもちろん、トークも抜群に面白い平井さん。両方楽しめるAーStudioなので、今から本当に待ち遠しい!

気になる内容は、A-Studioの放送後、↓にまとめます!

A-Studioまとめ

姉も兄も父も同じ顔!兄の方が歌が上手い?!

いつものように、全曲試聴してメモしている鶴瓶。

2016年7月6日(水)発売の9枚目のアルバム「THE STILL LIFE」を聴き、その中の「桔梗が丘」という曲が平井節とはちょっと違うと感じたとか。

「全然わからないですよ。 “節”とか何とか」と言う平井さんに、

「何でわからんの!めちゃめちゃ“節”やで!」と鶴瓶が力説していました。

2年前の登場時はお母さんを取材。今回はお姉さん。

ただし、顔写真NGだったので、電話での取材でした。

「ほぼ同じ顔」というのもやはり話題に。お姉さんいわく「子供の頃は似てたけど、今は似てない」とか。

「平井堅の姉」とわかると、カラオケで歌がうまいと期待されるので、わざと飛び跳ねて歌ったり、冗談めかして歌わないとごまかせないそうです。

お兄さんも顔が似ているという平井3兄弟。お父さんがこういう顔なんだとか。

お兄さんは軽音楽部に入っていたそうで、

「オレは結構声量系やから、お前よりもっとダイナミックやな」

と、弟より歌が上手いとアピール!

親戚が集まった時には、二人で「夏の終わりのハーモニー」をハモるそうで、

「すごく気持ちいいんですよ。やっぱ声が似てるんかな」

と、語っていました。

平井さんに似ているというお姉さんの雰囲気だけでも見たかったんですが、まさか電話取材だったとは(涙)

でも、トークの内容で、平井さん自身が面白いのはご家族との会話で培われたんだなと感じました。

平井堅が親戚の集まりに来て歌うなんて、豪華すぎる!

プロの歌手と一緒にハモり「自分の方が上手い」と豪語するお兄さん。

平井堅さんが次にゲストで来る時には、是非このお兄さんに取材して欲しいです(今度は電話じゃなくご本人に直接)

前世は中近東の魚?!大食漢エピソードが豪快!

今回は、平井さんの20年来の親友、ピアニストの鈴木大さんにも取材。

同じオーディションで知り合ってから飲み友達になり、平井さんのライブでピアノを弾いてもらったりするようになったそうです。

鈴木さんの実家・愛媛県新居浜市に行った時、鈴木さんのお父さんが観光案内をしようと思っていたのに、そっちのけでとにかく泳いでいたという平井さん。

まずプールで泳いで、その後、ワカメが多い海でバッサバッサと泳いでいたとか。

その姿を見て、鈴木さんのお父さんが、

「堅ちゃんは魚やのう。それも中近東の」と言ったそうです(笑)

ところで、食べることも大好きな平井さん。

生まれてから食欲がなくなったことが1秒もなくて、飲むと食欲が爆発するそうです。

飲むと前回食べたことを忘れて、毎回始まりみたいになってしまい、

「1軒目バーっと食べるでしょ。2軒目でまたカレーライスを頼んで、3軒目、朝4時ぐらいにカルボナーラ頼んで、朝7時ぐらいにおじや頼んでる。

飲むとおかしくなって、ポーンとリセットされちゃうんですよね。あれ、腹ペコ?みたいな(笑)」

予告でも話していましたが、この大食漢エピソードは強烈ですね。

なのにあんなに痩せているとは。歌うことでかなりカロリーを消費しているんでしょうか。

飲むとリセットされる食欲は、あまりにも危険。

平井さんも40代半ばですから、そんな食べ方をしてると体壊しますよ!気をつけて!

ライブの後にカラオケ?!楽しんで歌いたい気持ちとのバランス

平井堅さんがライフワークとしている“バー”スタイルのアコースティックライブ「Ken’s Bar」

ライブの前日は飲まないと決めてホテルにこもり、MCで「ここは落として」「ここは真面目に」など、構成を考えているそうです。

「考えないと。(しゃべりの)プロじゃないんで、ちゃんと組み立てないと」

そしてライブ後、カラオケにいくんだとか!

「仕事で歌う時は尋常じゃなく緊張するんですよ。責任を伴うから」

と言う平井さんに「今回歌うやんか」と鶴瓶が言うと、

「帰りたい!ホントに嫌です。それがなかったら、もっと楽しく喋れてるのに。ずっと考えてるもん、この後歌わないけないって。

それが嫌なので、無責任に歌いたい。歌詞間違えていい、音程狂っていい、どうなってもいいっていう歌を歌って、バランスとってるんです。

酔っ払ってギャーってなって、っていう歌を歌えなくなっちゃったから。この人生選んでから」

ライブ前の鶴瓶の言葉です。

今回またあらためて、アルバムとか色んなのを聴き直したりしたんですけど、

やっぱり、ストイックって一言で言ってしまうとそれまでなんですけど、

今回、こんな言葉がいつ降りたんやろっていうぐらいの詞がいっぱい入ってるんですよね。

流れる水は濁らないって言うんですけど、やり続けると素晴らしいものが生まれるというのが、

このアルバムを見てもわかるし、平井堅自身を見てもわかると思います

ライブの曲は、ニューアルバムの中から「魔法って言っていいかな?」

♪立ってられない様な悲しみが襲って来て

君を笑顔にする魔法が消えてしまったら

一緒に泣こう 一緒にもがこう 一緒に生きよう

みつかるまで探し続けよう 魔法って言っていいかな

歌が好きで歌手になったら、歌えることが楽しくて仕方ないんだと思っていました。

仕事ではクオリティを意識したプロの歌い方が求められるので、楽しんで歌うのとは別物。

ストイックな平井さんならではのスタンスです。

ギター一本のライブを予想していましたが、少しストリングスなどが入って音に厚みが出て、雰囲気が更にいい。

上記の歌詞は、サビではないものの、大好きな人に寄り添い、優しく支えている様子が心にグッと迫る表現。

今日もこうして緊張して歌った後は、カラオケで酔っ払ってギャーッと歌ったんでしょうか。

そっちの素の平井堅が歌うところも是非見てみたい!と思った回でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>